忙しい時にすること、忙しくない時にすること

何かとやることに追われる現代人ですが

日本に限定した話ではかなり労働に関してアメリカナイズされてきたなと思います

働くことで高収入な人は毎日ライフスタイルだの趣味だのとか考えている暇もなく忙しいですが、収入が少なく不定期な人は時間はあるけれどお金がないという二極化がどんどん進んでいる気がします。もちろんこれはアメリカ型の契約社会なら成り立つ世界だけど、中途半端に福祉とかを税金とか政府の政策で賄ってしまうと、かなり絶望的な社会になってしまう現象がまさに起こっているという感じ

もはや努力では埋められないような格差というのがかなり顕著に出できてしまっているしかつ、資本主義社会では金融に複利の力を働かせて資産増やしていくマネーゲームをすることで資産形成をしている面もある分富の独占が発生していると、労働階級が一方的に搾取されるシステムが是とされてしまう社会になりかねないのもリスクかなと思う。

何よりも仕事している人はわかるんじゃないかもしれないけど、忙しくて高度経済成長期みたいな幸せが来ることはまずないし、内需ではとてもじゃないけど競合が多すぎて話になんない業界もあったり、そもそも資本のバランスが圧倒的すぎてほとんど利益が出なくなってしまったところとかもあるんじゃないかな

要するに今まで通りっていう年上世代の言い分を仕事の面から見てしまうとものすごく厳しいってこと、もちろん起業して成功するってのも一つはあるけれど、一通りいろんなことを試してみた自分の感想としては、確率論で不確定要素をどこまで測れるかとか自分が耐えうるリスクはどこまでなのかというところまで計れないと、都合のいいように使われるだけで全部持ってかれて失敗っていうケースがほとんどってこと

夢の実現に対して情熱以外の計算と冷静さが持てるかが結構必要ってわかったし
達成するまではメディアの成功談なんかとはまったく違う地味な努力を何年もしないといけないってこともあるしね(ほとんどはその意味するところまでたどり着けなくで出来ないって思うんだけど)

一番わかっとかないといけないのは他人が気がつかない内に実力を溜め込んで勝負する瞬間だけ全力で戦えるスタンスを形成しないことには下の方で小競り合いはできてもトップレベルの一発勝負に勝てないってこと、もちろん勉強だろうが仕事だろうがどんなことでも

それに、渦中に入ってしまうと実力は消費されることが多いから、そうでないうちに足りないもの、新しく努力するものを見つけないと勝負の土俵に立てないしそもそもトップの世界ではそんなことは呼吸するのと一緒のレベルだから考えているうちはアマチュアなんだなって自分のことは反省している次第です

もちろん起業はチャンスをつかむまで挑戦し続けるし他人に評価されるレベルにはまだ実力不足で時間がかかることがわかってきたのでしばらくは実力練成の時期かなと思います。

でも絶対に社長にはないたいと思う毎日です(ちゃんと他人に飯を食わせていけるようなかっこいい大人になりたい)
まだまだ調子のいい小僧ですがね(笑)

なんちゃって社会人(1年目?)
趣味はプログラミングと読書、ギターにボーイスカウトと色々
ニックネームはつかぱい

コメントを残す